読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と映画とその他で雑多煮をします

読んだ本と見た映画についての記録。Amazon.co.jpアソシエイト。

過激なルーニー・マーラ。「ドラゴン・タトゥーの女」デヴィッド・フィンチャー

 

 「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス にて視聴。

「キャロル」でアカデミー助演女優賞にノミネートされたルーニー・マーラと6代目ジェームズボンドのダニエル・クレイグが出演しているダークサスペンス。

原作はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによる推理小説、「ミレニアム」。原作がそもそもすごく人気で読まないと話題についていけない程。原作は3部作でその3部作が一度映画化されているんだけれども、原作・3部作の映画は未見です。

 

ぶっちゃけ性的描写・暴力シーンが強くて万人にお勧めできるものでもないんだけれども、エログロばっちこいの人なら気に入るのでは?と思う作品。

とにかくルーニー・マーラ演じるリスベットのキャラが強烈。一応ヒロインのポジションだと思うんだけれどもヒロインにしては異質です。

キャロルを先に見た人は(本当に同一人物なの…)ってなると思う。わたしは逆の順番だったんだけど、キャロルを見たときは(か、かわいー!別人ー!)となりました。キャロルのルーニー・マーラは天使のようでしたが、こちらでは真逆の悪魔のような風貌です。眉毛は全剃り、ピアスだらけ、身体には入れ墨、体躯は少年のようにがりがりで小柄、そして天才ハッカー。完璧にキャラ立ちです。

それに対応するようにダニエル・クレイグのミカエルはソフトな印象。ジェームズボンドのような寡黙な男とは違って、良くも悪くも中年のおっちゃんを演じてる。

 

話の中身は40年前に行方不明になった少女の事件について調査していくというサスペンス。それぞれ二人が別々のアプローチから一つの結末に同時にたどり着くというのがぴたりとピースがはまって気持ちがいい。登場人物が多くて、集中してみないと関係がわかりにくくなるので、何かしながらのながら見よりも時間をとってみるのがおすすめ。

 

次回作は結局あるのかないのかどっちなのかな。なんだか難航しているみたいですね。

リスベットとミカエルのコンビは双方バランスの良いキャラ立ちなのでまた見たいなって感じはあるけど、エログロがつらいときもあるので調子がいい時に見たい。