本と映画とその他で雑多煮をします

読んだ本と見た映画についての記録。Amazon.co.jpアソシエイト。

「ソーシャル・ネットワーク」デヴィッド・フィンチャー

※この記事にはタイトルの作品内容に触れる記述があります。

ソーシャル・ネットワーク (字幕版)

 

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス にて視聴。

今や誰もが知るSNSサイト・Facebookの創設から発展までを、事実をもとに創作を加えた作品。主人公はもちろん創設者のマーク・ザッカーバーグです。

監督はドラゴンタトゥーの女を撮った人なんだね。と思ったらルーニーマーラも出てました。

 

物語は現在(裁判中)と過去(Facebook創設から発展)を交互に行ったり来たりするけれども、ややこしさはなくスピーディー。とっつきにくい専門用語も飛び出てくるけれども退屈せずに見ていられます。

難しいのは、このマークをどう思うかによって評価が全然違ってくること。

わたしはアスペルガーかなっと思って見ていた。人付き合いが苦手で、興味が酷く偏っていて、ピュアといえば聞こえはいいけれども、他人の気持ちをあまり考えずに突き進んでいく。最後のエリカにフレンド申請を送るのもそれっぽいなと思った。普通あんなに拒絶されたら申請しないでしょ…。

弁護士の最後の台詞の「あなたは悪い人ではない、そういう風に振舞っているだけよ」というのがそのまま。マークは悪い人ではないけれども、誤解されやすい性質。

 

そう思うとマークは悪意があってしたわけではないけれども、最終的には二つの裁判を抱え、友人を無くしたことになる。巨額の富は手に入れたが、誰も彼を理解できなったという悲しいストーリーにも見えてくる。(最後のエリカへのフレンド申請も)

 

マークが目的のために手段を択ばず冷酷な人間だと考えるならば、また違ったストーリーの解釈があるだろうと思う。

マークとショーン、マークとウィンクルボス兄弟、そしてマークとエドゥアルドの関係性も面白い。エドゥアルドは結局マークの才能を信じられなかったということも考えられるんだよね。実際エドゥアルドの働きがなくてもFacebookは大きくなった。(けれども、エドゥアルドがいなければ、初期のFacebookを始めることができなかったのも事実。)

 

そんな感じで見る人によって印象が変わるだろうなという映画でした。全部を説明するというよりはふくらみがある映画はよいな。