本と映画とその他で雑多煮をします

読んだ本と見た映画についての記録。Amazon.co.jpアソシエイト。

「チョコレートドーナツ」トラヴィス・ファイン

チョコレートドーナツ [DVD]

※この記事にはタイトルの内容に触れる記述があります。

 

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス にて視聴。

話の内容は明快。ダウン症の少年・マルコをゲイのカップル(ルディとポール)が引き取ろうとする。一度はカップルであることを伏せマルコの法的な監護者と認められるが、ゲイのカップルであることが露見しふたりはマルコとは引き裂かれてしまう。なんとか養育者として認めてもらうべく裁判を起こすが、認められずマルコは悲惨な結末を迎える。

 

 今でも同性愛に差別的な発言をする人たちはいるけれども、ほんの40年弱前にはこんなことが日常茶飯事だったんだろうなと思うともどかしい。社会的地位のある人たちが当事者の子供の気持ちを放って、ただふたりが同性愛であるということが問題というような発言をしていて、こんな馬鹿げたことがあるか!と何度も悲しくなった。

見ているとルディは男性なんだけれども性別を超えた人間的な美しさがどんどん滲み出てきていて、それに感化されて変化していくポールもまたいい。マルコは実際ダウン症の子が演じていて、リアリティは申し分ない。

その3人の幸せな生活がきらきらと愛情溢れて描かれている分、後半の落差につらくなる。けれども奇麗な結末にならないぶん、現実での差別についても思いを巡らせることになる。

 

差別する側と差別される側は紙一重だなと思う。黒人の弁護士が出てくるけれども、(ルディとポールがそうというわけではなく)黒人を差別するのはおそらく白人だろうし、その白人が今度は違う理由でまた差別を受ける。マルコもたぶんきっとそうだったんじゃないかなと思う。病気であることで、きっと様々な差別を受けてきた。そうやってでこぼこした登場人物たちがお互いの凹凸を理解しながら寄り添っている様を描いている。やっぱりそう思うと最後は本当に悲しい。マイノリティがそのままで生きていられる世の中であってほしい。